カード出版制作事業 カード販売事業 カード文化の振興事業 カードの講座・セミナー事業 ライセンス管理事業 メディア・B2B支援事業

Publishing

オラクルカード、タロットカードを中心とするカードの出版部門です。
過去に50作以上のカードを出版し、中でも『日本の神様カード』シリーズは、累計で15万部を発売するヒット作となりました。
海外で出版されたカードの日本語版を出版するほか、「インド哲学」「密教」「食べ物」「妖怪」などをテーマにしたオリジナル企画も得意としております。
また、自分のオリジナルカードを作りたいという方のためにカードの企画から流通のサポートまでを行っています。

オラクルカード・タロットカードの出版

当社を代表する部門です。特に、「日本の神様」「日本の密教」「インド哲学」「日本の妖怪」など、日本発信ならではのオリジナル企画を得意としております。

  • 日本の神様カード
  • 日本の密教カード
  • 日本の妖怪カード
  • バガヴァッド
    ギーターカード

オリジナルカードをつくりたい方のためのサポート

「自分だけのオリジナルカードを創りたい・・・」そんな方をサポートする部門です。具体的なご質問にマンツーマンでお答えする「個別コンサルティング」から、「オリジナルカード出版講座」の開催、カード制作のノウハウをまとめた手引書『オラクル・タロットカード出版ガイド』の出版など、内容も実績も日本で唯一のサービスです。

オラクルカード・タロットカード関連ガイドの出版

初心者向けの入門編から、カードの世界をより深く知りたい方へのガイドブックまで。カードに特化したガイドブックを出版しております。

Sales business

オラクルカード、タロットカードなど占いカードの販売部門です。この部門は、「個人ユーザー向け」と「店舗での卸売向け」の2つに分類されます。
個人ユーザー向けでは、「日本のオラクル・タロットカード全集」の名前で、販売サイトを運営。
当社で出版したカードに限らず、世界中の占いカードを取り扱っております。新作カードはもとより、レアな希少品や絶版カードなども扱う日本で唯一のサイトです。
また、カードの卸部門では全国2,500を超える店舗にインターネットを使ったカードの卸売りをしております。

オリジナルカードをつくりたい方のためのサポート

通信販売でカードをお買い求めいただけるサイトを運営しております。特に「日本のオラクル・タロットカード全集」(自社サイト)では、新品カードだけでなく、中古や絶版カードなどのレアカードも取扱う日本唯一の品ぞろえ。購入後、一か月までは下取可能のサービスも好評で、リピーター様も多いカードの総合サイトです。

店舗向け「カード仕入サイト」

店舗さま向けの「カード仕入サイト」を運営しております。雑貨店、天然石のお店、アロマショップ、占いサロンなど、2500を超える店舗さまとの取引実績があります。店舗登録いただければ、すべての仕入れがインターネットで完結いただけます。小ロットでの仕入れも可能ですので、仕入のリスクも少ないと好評です。

カードの総合カタログ発行

国内で入手可能なカードをまとめたカタログを定期発行しております。カードを選びたいという方から、カードをコレクションしている方まで、国内唯一の掲載数です。毎回、発行の折にはすぐに品切れになってしまう人気のカタログです。

Promotion

日本における占いカードの文化。
この素晴らしい文化を、過去から引き継ぎ未来に向けて継承していくための活動を行う部門です。
「浅草タロット&オラクルカード博物館」では、国内外の占いカードを常時800点以上をを展示。
カード文化の歴史を継承し、最新情報を発信する拠点となっております。
この部門では、「日本におけるカード文化の歴史編纂」「希少品となっている国内外カードの発掘」など、数十年後のカード文化の将来を見据えた活動を行っております。

「浅草タロット&オラクルカード博物館」の運営

「日本における占いカードの文化を、未来にむけて継承していきたい」そんな想いから誕生した日本で唯一となる「カード博物館」。この施設の管理・運営を行っております。

日本におけるカード文化の歴史編纂

日本で流通した数々のカードを一つでも多く所蔵いたします。その上で、それぞれのカードの根底に流れる「制作の意図」や「歴史」をとりまとめ、次の世代へと引き継ぐ活動を行っております。数十年の月日と多くの協力者が必要な作業ですが、地道に積み重ねてまいります。

使っていないカードの再流通支援

「せっかく買ったけど自分には合わなかった」「初心者の頃につかっていて最近ではほとんど使っていない」・・・カードを手放したい人から欲しい人へと循環させる、カードの再流通を手掛けています。

Lectures /Seminars

カードを出版した著者や占いの専門家を招聘して、カードに関連した講座を行う部門です。
「浅草橋タロット&オラクルカード博物館」で開催する定期講座では、「タロットカード入門講座」や「オラクルカードの選び方講座」など、過去に200超える講座を展開しております。
その他にも、日本各地のオーガナイザー(イベント主催者)が主催いただくケース、カルチャーセンターの講座として開催されるケース、書店での販促イベントへの講師派遣など、さまざまな形でお手伝いを行っています。

カード関連講座の開催

カードの世界を知るためのさまざまな講座を開催しております。初心者から上級者向け、あるいは特定のテーマに絞ったものまで。新しいカードを出会う場として、新しい先生と巡り合う場として、新しい仲間と縁ができる場として、多くの方に喜ばれています。

全国各地の講座やイベントへの講師派遣

全国各地のオーガナイザー(講座やイベントの主催者)からのご要望に応じて、講師を派遣しております。「カードの関連講座を行いたい」「占いイベントを行いたい」といった方と協力しながら、ライブイベントを実現させてまいります。

書店や量販店でのイベント支援

販売促進の一環として書店や量販店さまでライブイベントを開催するケースが増えてきました。中でも、「占い」「カード」は集客が見込めるイベントとして人気があります。そんなニーズにお応えするための部門です。企画のサポートだけでなく、SNSをつかった告知のサポートまでいたします。

License management

カードに描かれたイラストを利用し、グッズの商品化やプロモーションのお手伝いをする部門です。
過去にライセンス提供を手掛けた商品は、「お守り袋」「ノート」「ぬりえ」「御朱印帳」「携帯カバー」などさまざま。
みなさまのアイデァによってカードを活用いただける用途は無限大です。
これらの他に、インターネットプロバイダーやアプリへの占いコンテンツへの提供や海外版カードのライセンス契約の代理業務など、カードの版権にかかわる一切を行います。

ライセンス契約・商品化のための支援

カードに描かれているイラストを使って商品に展開したい、そんなご要望をサポートする部門です。携帯カバーや文具、ポストカードやお守り袋など、さまざまな実績があります。
「どのようなイラストがライセンス契約可能か、まずはカードを見てみたい」というご要望にもお応えいたします。

  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります

インターネットでのコンテンツ提供

大手インターネットプロバイダーが展開する占いコンテンツ。中でもカード占いは人気ののひとつ。こうした占いコンテンツへの企画協力を行っております。また、スマホでカードが引けるアプリの開発なども展開しております。

海外版カードのライセンス契約支援

「海外で出版されているカードを日本語版として展開したい」「日本語版のカードを英語版として出版したい」という方に、ライセンス契約のサポートをいたします。世界各国のカード会社と取引実績がありますので、交渉から締結までスムーズだと多くの方から好評いただいております。

  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります
  • 見出しが入ります

Media support

マスメディアで占いが取り上げられるのは、もはやめずらしいことではなくなりました。
こちらの部門では、メディアに携わるの方々をさまざまな形で支援する部門です。
過去にご相談いただいた内容は、「テレビ番組や映画で占いカードを撮影したいが監修者がいない」「雑誌の企画で占いカードを使いたいが貸し出ししてもらいたい」「ネットコンテンツにカードのイラストを使わせていただきたい」など多岐にわたります。
「占いカード」をコンテンツ化したいみなさまの幅広いニーズにお応えいたします。

テレビ・新聞・雑誌への取材協力

メディアでの「占い」や「カード」企画をサポートいたします。「どこに相談したらよいかわからない」「特集を組むにあたって事前リサーチがしたい」「企画を立てたが、専門家の視点からアドバイスが欲しい」などのご要望にお応えいたします。

占いカードの貸し出し・監修

映画やドラマの小道具としてタロットやオラクルカードが使われるケースが、近年とくに増えています。とはいえ、たくさんのカードから場面に適したカードをセレクトするのは至難の技。こちらの部門では、撮影シーンにあわせたカードの貸し出しや監修を行っております。

撮影場所の協力

インタビューの収録や映像の撮影などにお使いいただけるよう、会場をお貸ししております。「対談企画をやりたいが、一風変わった場所を探している」「都内を探索する番組企画があるが、博物館で撮影できないか」などのご要望にお応えいたします。