~ 2001-2003 第一期 ~ 創業、そしてカードとの出会い

「頼まれた仕事は、えり好みせずどんな仕事でも受ける!」を目標に掲げた創業時、さまざまな仕事を手掛けました。その中のうまくいった仕事のひとつが、カードを流通させる仕事でした。これが、当社とカードをと結びつけるご縁となります。

2001

History

1月31日 西五反田で創業。

現代表が品川区西五反田で有限会社ヴィジョナリー・カンパニーを創業大学時代の先輩が経営していた会社の一部を借りて、創業。FAX機能がついた電話機と段ボールでつくった看板が本社だった。

創業時は、精神世界・スピリチュアル系の雑誌広告、パンフレット制作を主要事業としてスタートをする。この年、日本に上陸して間がない『エンジェルカード』シリーズの制作を受託、これがのちの事業に大きく影響してくる。

2002

Business

ヒーリンググッズ卸販売の事業をスタート

日本に上陸したばかりの『エンジェルカード』シリーズなどのヒーリンググッズを店舗に卸すビジネスを開始。当初は、一軒一軒飛び込み営業で販路を開拓する。天然石、フラワーエッセンス、アロマセラピーの店舗など、都内を中心に10店舗に委託するところからスタートする。

History

事業拡張のため、東京都千代田区飯田橋2丁目に移転
(2度目の事務所移転)

創業時の事務所は2DKの賃貸マンションだったため、17坪のオフイスビルに移転する。この頃、社員は4人。すべて代表の個人的な知り合いだった。

2003

Business

卸販売の取引実績500店を超える

『エンジェルカード』のブームと、ダイレクトメールを使った営業活動の結果、取引店舗が飛躍的に増えたのがこの頃。しかしながら、取引数の増加とともに在庫の保管の問題が顕在化してくる。前年に引越しをしたばかりだが、新事務所への引越しを余儀なくされる。

~ 2004-2005 第二期 ~ 事業拡大、まだ見ぬカードを探しに海外へ

カードの世界はヨーロッパやアメリカ・オーストラリアを中心に回っていることが分かりました。こうした国々への視察を繰り返し、「これから日本におけるカード市場はどうなるか?」を模索した時期です。

2001

History

事業拡張のため、東京都千代田区飯田橋1丁目に移転
(3度目の事務所移転)

前事務所から道路を挟んで向かい側に引越しをする。広さは28坪。応接スペース、在庫保管スペースができ、事務所の体をなしてくる。この頃、業務拡大により社員数を大幅に増やす。

Business

海外版タロットの輸入

タロットカードの取扱いを希望されるお取引が多かったことから、イタリアの老舗タロットメーカーLoScarabeo社とディストリビューター契約締結を行う。その後、U.Sゲーム社(アメリカ)、AGM社(スイス)など、各地のメーカーへと取引を拡大。

2005

Business

まだ見ぬカードを探して・・・

新しいチャンスを探すため海外へリサーチの旅へと出向く。アメリカ、ドイツのスピリチュアルイベントに参加し、最新の情報にふれる。アメリカの専門誌に英文広告を出すなどのチャレンジを行う。そんな中、カナダのカード出版社Duguay Production(本社:モントリオール)と出版契約を締結。

History

有限会社から株式会社へと改組

創業時から有限会社であったが、カード出版を機会に株式会社へと改組。資本金を1,000万円にし、株式会社ヴィジョナリー・カンパニーに登記変更する。

~ 2006-2007 第三期 ~ 日本未上陸のカードを次々と出版しはじめる

カードの世界はヨーロッパやアメリカ・オーストラリアを中心に回っていることが分かりました。こうした国々への視察を繰り返し、「これから日本におけるカード市場はどうなるか?」を模索した時期です。

2006

Publishing

海外のカードを翻訳し、日本語版として発売しはじめる

翻訳カードの第一弾となる『光のメッセージカード』(マリオ・デュゲイ著)日本語版が発売。発売後、すぐにヒット作となり、半年後にはシリーズ第二弾として『いのちのメッセージカード』が出版される。

Business

オーストラリアのカードを探して・・・

オラクルカードが上陸した頃、アメリカ発のカードが中心だったため、目先をオーストラリアへと向ける。そんな中、現地の最大手・Blue Angel Publishing(本社:メルボルン)と出版契約を締結する。

Publishing

日本初となるヒーリンググッズのガイドブック
『ヒーリングッズ』発売

「スピリチュアル」がブームになってきたこの頃、「ヒーリンググッズ」や「オラクルカード」を徹底解剖したムック本『ヒーリググッズ』が発売。当時、天使の画家として人気を博していたアンディ・レイキー氏の作品を付録に収録。

2007

Publishing

オーストラリア発のオラクルカード日本語版が発売

『天使と神と女神のオラクルカード』『エンジェルキャット』といったオーストラリア発信の個性的なカードの日本語版が発売。以降、さまざまな作品がリリースされる。

Publishing

トランプの智慧をまとめた本を出版

自分自身の知るツールとして「トランプ」を使う本、『運命のカード』を出版。

~ 2008-2013 第四期 ~ 日本発のオリジナルカードを出版しはじめる

海外のカードを手掛けていくうちに、「世界に通用するカードをつくりたい」と思うようになっていきました。この時期、さまざまなテーマで日本発のカードが誕生し、中には世界各国で販売されるカードも誕生します。

2008

History

事業拡大に伴い、東京都新宿区神楽坂へ移転
(4度目の事務所移転)

取扱商品・お取引先の飛躍的な増加にともない、神楽坂へと移転。広さは55坪。卸販売のお客様向けのショールームも併設された事務所となる。

Publishing

大ヒット作『日本の神様カード』シリーズが発売

西洋のカードを翻訳モノが多かった中、日本発のオラクルカードをつくる構想が生まれる。そんな中、日本の神話をモチーフにした『日本の神様カード』が誕生。シリーズ15万部を超える異例のヒットとなる。同シリーズは、英語版、台湾版などもつくられ現在にいたるまでロングセラーとなっている。

Business

ヒーリンググッズ卸販売の取引実績2,000店を超える

オラクルカードのブームはもとより、ネット通販の盛り上がり、起業ブームなども影響し、商品の卸先が毎年増え、2,000店舗を超える。

2009

Publishing

イギリス発のオラクルカード日本語版が発売

ヨーロッパ圏を中心に活躍するスピリチュアルリーダー ダイアナ・クーパー氏によるカード版権契約を締結。『アトランティスカード』を第一作として、日本語版が出版される。

2010

Business

「東京ギフト・ショー」へ出展

ギフトと生活雑貨の国際的な見本市「東京ギフト・ショー」に初出展。

Publishing

心理セラピーの色が強いカードが誕生

「インナーチャイルドを癒す」として人気を博していた『インナーチャイルドカード』の日本語版を出版。著者のイシャ・ラーナー氏はその後、たびたび日本で講座を行う。

2011

Publishing

オーストラリア発のオラクルカード日本語版が発売

オーストラリアで人気のルーシー・キャベンディッシュ氏の日本語権利を契約。『シャドウ&ライトオラクルカード』『シェイプシフターオラクルカード』と次々と発売。

Publishing

本格的ガイドブックが付属したタロットカードが発売

アメリカで出版された本格的なガイドブックが付属したタロット『レガシーオブタロット』日本語版を発売。

2012

Publishing

『日本の神様カード』シリーズが発売

『日本の神様カード』の続編となる『日本の神託カード』が発売となる。本カードは、のちに台湾語版も発売される。

Publishing

世界のマーケットへ

イギリスの幻想画家ジョセフィン・ウォール氏のオラクルカード『ウィスパーオブラブ』を発売。のちに、英語版、ドイツ語版、チェコスロバキア版など7カ国で発売されることになる。

Publishing

インテリアとして飾れる大型版カードを発売

専用の額縁がついたオラクルカード『神代の言の葉カード』を出版。

Publishing

手のひらサイズのオラクルカードを出版

スピリチュアルアーティスト・エレマリア氏の作品をオラクルカードとして出版。手のひらサイズのカードとして、カフェでの鑑定などに人気を博す。

2013

Publishing

インドのヨガ哲学をカードの世界に表現

インドのヨガ聖典『バガヴァッドギーターカード』を発売。ヨガスタジオ、ヨガ学校など、いままでにはない店舗との取引がはじまる。

Business

事業者向け仕入サイト
「ヴィジョナリー・オンライン」がスタート

ヒーリンググッズ卸販売の取引店が増加するのにともない、全業務をオンライン化。「ヴィジョナリー・オンライン」として業務をスタートする。

Business

講座・ワークショップ事業がスタート

この年より、カードに関する講座やワークショップを開催しはじめる。それに伴い、専用の申込サイト「チケット受付センター」をスタートさせる。

~ 2014-2018 第五期 ~ 「カードに関するお困りごと」に答えを出し続ける

「カードをつくりたいがどうしたらよいか?」「使わないカードがあるが引き取ってもらえないか?」「カードの中身を見ることはできないか?」みなさまのカードを巡るお困りごとに一つ一つ答えを出していった時期です。「カードの出版業から総合サービス業」へとステージが変わった段階でもあります。

2014

History

業務の大幅整理により、東京都新宿区新宿1丁目へ移転
(5度目の事務所移転)

創業時からの業務を大幅に整理、見直しを行う。それに伴い、新宿御苑に移転。事務所スペースにカードを展示しはじめ、現在の「カード博物館」の先駆けとなる。

Business

オリジナルカードを制作のためのサービスを提供開始

オリジナルカードを創るための講座、カード制作の疑問を解消する個別コンサルティング、カード制作のノウハウをまとめたガイドブックの作成など、オリジナルカード制作サポートを本格的に指導させる。

Publishing

食べ物をテーマにしたオラクルカードを出版

世界でも類をみない食べ物のオラクルカード『ヒーリングフードオラクルカード』が発売。自然食品店、マクロビオティック関連などのお取引が広がる。

Publishing

カードに意味が書いてあるタロットを出版

「タロットカードの意味を覚えるのが苦手で」といったニーズに答えるタロット『レッツ!タロット』を出版。カードに意味が書いてある画期的なカードとして人気を博す。

2015

Business

「カードの再活用」のサービスを提供スタート

「使わなくなったカード」「自分には合わないカード」を手放し、欲しい方の手元に届ける。「カードの再活用」の活動をスタート。世界でも類を見ないサービスとして、「カード交換会」「カードの買取」と事業領域を次々と拡大。

Publishing

カード関連DVDを発売

『日本の神様カード』『レッツ!タロット』など、カードに関連したDVDを次々とリリース。

Publishing

“日本の妖怪”をテーマにしたカードを出版

自分の中の闇を見ることもできるカード『日本の妖怪カード』をリリース。ポジティブなメッセージだけではないオラクルカードとして、一部のファンに絶大的な人気を博す。

Publishing

古代レムリアの智慧がカードとして出版

古代に栄えていたといわれる王国「レムリア」。その叡智をカードにまとめた、『レムリアンカード』を出版。

2016

Business

古物商免許を取得し、買取サービスを展開開始

カードの買取サービスを提供するために、古物商許可の免許を所得。カードに特化した買取サービスをスタート。通常の古本業者では査定できない専門家の査定として、現在に至るまで数多くのリピーターに支持されている。

2017

Publishing

オラクルカードの基本をまとめたガイドを出版

オラクルカードの基本をまとめたガイドブック『基礎から分るオラクルカード』『続基礎から分るオラクルカード』を出版する。

2018

Publishing

イタリア発のオラクルカード日本語版が発売

タロットカードの本場・イタリアで人気のオラクルカード『チェッコリオラクルカード』の日本語版が発売。

~ 2019- 第六期 ~ 日本におけるカードの歴史を編纂・発信しはじめる

日本において長く愛されてきた数多くのカード。それらの歴史は、誰かがまとめなければいつか消えてしまいます。そんな歴史を編纂し、発信をしてまいります。壮大なテーマですので何年かかるか皆目見当もつきませんが、日々チャレンジしてまいります。

2019

Publishing

猫をかわいらしく描いたタロット
『キャットパウタロット』発売

「猫の肉球」を意味するタイトルのオリジナルタロットカードを出版。

Publishing

古来より伝わる密教をテーマにしたオラクルカード
『日本の密教カード』発売

弘法大使・空海が伝えたといわれる密教をモチーフにしたオラクルカードが発売。

History

業務の拡大により、東京都台東区柳橋へ移転
(6度目の事務所移転)

ワークショップスペース、倉庫の拡充、博物館の開設を目的として移転。現在に至る。